Indigo Blue fluorite from Inner Mongolia
                          

  品 名:       蛍石
  Mineral Name:    Fluorite
  産 地 (Locatin):  Huanggang Mine, Chifeng, Inner Mongolia, China
  サイズ(Size):    8.0 x 5.5 x 4.3 cm
  登 録:        2014年10月


  内モンゴルから新産出のインディゴブルーの蛍石です。
  出始めは、2014年7月のSainte-Marie show から。
  一見すると真っ黒に見える標本に最初は興味がなかった。
  しかし、今回、アメリカのディーラーが撮影したDenver showの
  標本写真をみてビックリしました。
  今迄見たことがない濃いインクのような色に先ず驚きました。

  既に入手されている他のサイトを拝見させて戴くと、染色とか
  酸処理とかの風評が流れていました。

  先ずは現品を入手して、点検することに。
  点検した結果ですが、面白いことが分りました。
  母岩の中心部に煙水晶が入っていて、その表面を小さい
  米水晶が二次成長し、表面は風化したように白く変質していた。
  青い蛍石は、白水晶の上に貼り着いている。
  蛍石の小さいものは、八面体で透明度があり、上の写真
  に示す通り、光を当てると青く輝いて美しい。
  大きい蛍石は、六面体でエッジが丸くなった特異な形態を
  していて大変面白い。
  白い水晶上に青い蛍石が散らばった形態は、モロッコのTounfit
  領域で似た標本を見たことがある。

  現在、市場に沢山出回っていますので、暫く待てば価格も
  落ち着いてくるのではないでしょうか。