Hausmannite from S.Africa  
     
     
 

   品 名:       ハウスマン鉱
   Mineral Name:    Hausmannite
   産 地 (Location): N' Chwaning Mines, Kuruman, Kalahari manganese fields,
               Northern Cape Province, South Africa 
   サイズ (Size):    23mm x 22mm x 20mm
   登 録:        2018年5月


   ご覧の標本は、赤いロードクロサイトで有名な南アのヌチュワニング鉱山産の
   ハウスマン鉱です。
   ハウスマン鉱はマンガンの酸化物で、化学式はMn3O4 
   結晶構造は、スピネル型構造ですが、疑似八面体構造という少し八面体が
   上下に引っ張られたような歪んだ形になっています。

   ヌチュワニング鉱山のハウスマン鉱は、非常にシャープな結晶を産することで
   知られていて、赤いアンドラダイトガーネットと共生します。
   この標本の裏側にもちゃんとアンドラダイトが付着しています。

   本体色は黒ですが、この標本は極めて光輝が強く、銀色の金属光沢を帯び
   ています。
   その様子を撮影したのですが、ディーラーさんのようにうまく撮れない。
   ディーラーさんの写真を観察すると、カメラ側から照明を当てているようだった
   ので、実体顕微鏡のリングライトをカメラのレンズに仮止めして撮影したのが、
   上の写真です。
   正直、この標本には相当にてこずってしまった。